【全17種】Highlow.com(ハイローオーストラリア)の通貨ペアの特徴・注意点

BO君
BO君
Highlow.com(ハイローオーストラリア)って、通貨ペアの種類が多くて、どれを使えば良いのか分からない!

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引を行う際、どの様な通貨ペアを利用すれば良いのか?特徴や注意点を徹底解説して行きます。

今回の記事内容

  • ハイローオーストラリアの通貨ペアの特徴・注意点
  • ハイローオーストラリアおすすめ通貨ペア

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の通貨ペアの特徴・注意点

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の通貨ペアの特徴・注意点

Highlow.com(ハイローオーストラリア)はバイナリーオプション業者の中でもトップレベルの通貨ペアの種類を誇っています。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の通貨ペアの種類は、17種類存在します。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の17種の通貨ペアで取引を行う際の、特徴や注意点をそれぞれ解説して行きます。

USD/JPY(米ドル/日本円)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のUSD/JPY(米ドル/日本円)は、日本人のトレーダーが最も利用されている通貨ペアです。

USD/JPY(米ドル/日本円)は、どの様な特徴や注意点があるのかしっかり理解しておきましょう。

特徴

USD/JPY(米ドル/日本円)は、日本円がリスク回避の為に用いられる通貨です。

世界経済の動向に応じて値動きを起こす傾向が強いのが特徴です。

景況が良い時は円安、景況が悪い時は円高になるので、世界経済を追う時は推移をつかみや掴みやすくなっています。

取引時の注意点

USD/JPY(米ドル/日本円)は、値動きが平均的に穏やかです。

日本もアメリカも社会経済に関する情報を得やすいので、取引を行いやすい通貨ペアです。

ですが、時間帯によっては市場のオープンとクローズが異なり、値動きの特性にも差が生じるためその点には注意が必要です。

AUD/JPY(豪ドル/日本円)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のAUD/JPY(豪ドル/日本円)は、オーストラリアと日本円のペアです。

AUD/JPY(豪ドル/日本円)は、FXなどで多く利用されている通貨ペアです。

特徴

AUD/JPY(豪ドル/日本円)は、資源国通貨として世界的に有名な豪ドルの特性に応じた価格の動きになるのが特徴となっています。

ドルは、世界各国の資源の生産や貿易相手などの経済の影響を受けやすい事が特徴で、特に中国の影響を受けやすくなっています。

取引時の注意点

AUD/JPY(豪ドル/日本円)は、日本円とのペアですが、日本経済とオーストラリア経済から見ても正確な値動きが読みづらいです。

取引時には、日本・オーストラリア・中国の様子を常に確認して、大きな変動がないか見極める必要があります。

EUR/JPY(ユーロ/日本円)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のEUR/JPY(ユーロ/日本円)は、ユーロ圏と日本のペアとなっています。

比較的取引を行いやすい通貨ペアとなっています。

特徴

EUR/JPY(ユーロ/日本円)は世界的にも有名な通貨ペアとなっています。

米ドル円やポンド円などと比べると動きは穏やかですが、アメリカ経済の影響を大きく受ける可能性があります。

取引時の注意点

EUR/JPY(ユーロ/日本円)は、EU加盟国の中でもドイツとフランスの影響を受けやすくなっています。

ですが受けやすいというだけで、加盟国のフォコで社会変化があっても価格が動きます。

情報収集が少し大変なので、取引の際は注意する様にしましょう。

EUR/USD(ユーロ/米ドル)

EUR/USD(ユーロ/米ドル)は、世界中のトレーダーが注目している通貨ペアです。

そこまで世界中が注目している理由を理解して行きましょう。

特徴

EUR/USD(ユーロ/米ドル)は、取引量が世界一多く、値動きにトレンドが生じやすいのが特徴となっています。

世界中で取引が行われてますが、ロンドン市場・ニューヨーク市場が動いている時間は特に活発になります。

取引時の注意点

EUR/USD(ユーロ/米ドル)は取引量が多い影響で、トレンドが発生するとそのまま継続します。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引を行う際は、トレンド相場が発生している時はその流れに従いましょう。

GBP/JPY(英ポンド/日本円)

GBP/JPY(英ポンド/日本円)は、イギリス経済に注目している人からとても人気を得ている通貨ペアです。

GBP/JPY(英ポンド/日本円)は、イギリスと日本の組み合わせは比較的に動きを読みやすい事で知られています。

特徴

GBP/JPY(英ポンド/日本円)は、クロス円の中でも最も値動きが激しい事で知られています。

GBP/JPY(英ポンド/日本円)は、USD/JPY(米ドル/日本円)やGBP/USD(英ポンド/米ドル)の影響を受けやすい為、取引の際にはアメリカ経済を考察する必要があります。

取引時の注意点

GBP/JPY(英ポンド/日本円)を選ぶ際には、米ドルの値動きにも曲目する必要があります。

全体的な傾向として上昇も下降も起こりやすく、相場が荒れる事あり、初心者の方には少しリスクの高い通貨ペアです。

NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)

NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)は、ニュージーランドの通貨と日本円のクロスです。

あまり有名ではありませんが、特徴などをしっかり理解しておきましょう。

特徴

NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)は、高金利通貨のニュージーランドに着目したスワップポイント目的のトレーダーが着目しています。

ニュージーランドの政策金利の影響によって上下動を起こしやすいのが特徴となっています。

取引時の注意点

NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)を利用する際は、金融政策に注意しましょう。

金利面での変動がないと価格も動きにくい反面、急変が起こる危険性も低いのが特徴です。

AUD/USD(豪ドル/米ドル)

AUD/USD(豪ドル/米ドル)は、オーストラリアドルの経済はよく反映される想像される通貨ペアです。

特徴

AUD/USD(豪ドル/米ドル)は、どちらも資源国という影響であり、資源価格の値動きによって価格が変動しやすくなっています。

アメリカの景況感やオーストラリアの雇用状況など、様々な要因によって価格が変動します。

取引時の注意点

AUD/USD(豪ドル/米ドル)は、政治経済の動きによって値動きが起きやすい特徴があります。

オーストラリアとアメリカ両方の経済動向を把握する事が重要です。

価格の値動きは、安定しにくいので相場分析が難しい傾向にあります。

CAD/JPY(カナダドル/日本円)

CAD/JPY(カナダドル/日本円)は、先進国同士という事からそこそこ着目されている通貨ペアです。

CAD/JPY(カナダドル/日本円)はHighlow.com(ハイローオーストラリア)で取引を行う際どの様な影響があるのか理解しておきましょう。

特徴

CAD/JPY(カナダドル/日本円)は、カナダの経済影響を受けるのが特徴です。

またアメリカの景況感によって値動きを起こす事もあります。

取引時の注意点

CAD/JPY(カナダドル/日本円)は取引の値動きを読みやすくなっています。

カナダ国内の情報を取得するのが難しいので注意してください。

CHF/JPY(スイスフラン/日本円)

CHF/JPY(スイスフラン/日本円)は、スイスと日本円のペアとなっています。

そこまで有名な通貨ぺあではありませんが、特徴をしっかり理解しておきましょう。

特徴

CHF/JPY(スイスフラン/日本円)は、別名「安全通貨」と呼ばれている通貨ペアです。

スイスと日本のペアなので、値動きは基本的に穏やかになっています。

安全に取引を行える事から、世界的にも取引が行われています。

取引時の注意点

CHF/JPY(スイスフラン/日本円)は、あまり値動きがないという点に注意が必要です。

値動きが激しくなる時は、どちらか一方の国からのリスク回避というケースが多くなっています。

EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)

EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)は、結構マイナーな通貨ペアで、Highlow.com(ハイローオーストラリア)だから対応しているというレベルです。

ただ取引方法をしっかり理解しておくと、そこそこ使いやすいのでしっかり理解しておきましょう。

特徴

EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)は、取引量が少ないというのが特徴となっています。

ユーロ圏の経済状況での変動もあまり大きく受けません。

相場が安定した範囲に入る事も多く、穏やかな値動きが目立ちます。

取引時の注意点

EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)で取引を行う際には、レンジ相場になりがちなのでしっかり理解しておきましょう。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)での取引で、レンジ相場が苦手な方にはあまりおすすめ出来ません。

EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)

EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)は、ヨーロッパ圏同士の通貨ペアです。

ヨーロッパ圏同士の通貨ペアという事で、独特な価格の動きを見せます。

特徴

EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)は、ロンドン時間に大きな価格の動きが目立つ通貨ペアです。

値動きが大きいタイミングで取引を行いたいという、トレーダーから大きな人気を誇っています。

ユーロは流通量世界2位、英ポンドは流通量世界4位なので、取引が多いというのが特徴です。

取引時の注意点

EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)は大きな値動きを狙う取引には向いていますが、欧州全体の経済影響を受けるので、その点では注意する必要があります。

イギリスの情報は得るのが難しいので、日頃から海外のニュースなどを通して積極的に情報収集しましょう。

GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)

GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)はイギリスとオーストラリアのペアです。

取引の量や値動きが少し特徴的なので、しっかり理解しておきましょう。

特徴

GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)は、取引量が少ないのに大きな取引が行われ、値動きが激しいのが特徴です。

主要通貨ペアの中では、特に短時間で大きな変変動が起きます。

取引時の注意点

GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)は動きのある相場を狙った取引に向いています。

ですが、リスクも少し高いです。

情報量もあまり多くなく、経済事情による変動も考慮した取引をする為に情報収集が非常に大切になります。

GBP/USD(英ポンド/米ドル)

GBP/USD(英ポンド/米ドル)は、同じ英語圏のイギリスとアメリカの通貨ペアです。

交流が深い事から値動きにも特色もあるので、しっかり理解しておきましょう。

特徴

GBP/USD(英ポンド/米ドル)は、ロンドン時間以降に値動きが活発化するのが特徴です。

GBP/USD(英ポンド/米ドル)はFXで、スキャルピング取引を行うのに適しており、人気が高い通貨ペアです。

取引時の注意点

GBP/USD(英ポンド/米ドル)は日本時間でも値動きが動きやすいので、日本人の方でも気軽に取引を行う事が出来ます。

しかし長期取引では、大きな値動きを起こして戻ってくる事もあるので、短期取引を利用する様にしましょう。

NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)

NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)は、ニュージーランドの価値を測るのに適している通貨ペアです。

特徴

NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)は、ニュージーランドの性質と高金利通貨の特性を併せ持った通貨ペアです。

ですが全体的に為替取引に使用される事は少なく、外貨預金としての投資に用いられる事が多いです。

取引時の注意点

NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)は取引量が少ないものの、外貨預金で使用されているので影響を受ける事があります。

急激な値動きが一時的に起こるリスクがあるので、頭に入れておきましょう。

USD/CAD(米ドル/カナダドル)

USD/CAD(米ドル/カナダドル)は、アメリカとカナダの通貨ペアです。

立地的に近い事から交流が盛んな事もあり、関係性が深いです。

特徴

USD/CAD(米ドル/カナダドル)は北米の経済事情が直接的に影響されるのが特徴です。

USD自体が決済通貨という例はあまりないので、チャートが上昇したらカナダドル安・下降したらカナダドル高となるので理解しておきましょう。

取引時の注意点

USD/CAD(米ドル/カナダドル)は、ニューヨーク市場がオープンしている時間帯を中心に動きます。

ロンドン市場の時間帯から活発化する傾向も強いので注意しましょう。

USD/CHF(米ドル/スイスフラン)

USD/CHF(米ドル/スイスフラン)は、スイスフランの価値はとても反映される通貨ペアとなっています。

特徴

USD/CHF(米ドル/スイスフラン)は、安全かつ安定しており、値動きが小さいのが特徴です。

またレンジ相場が継続しやすい事も特徴の1つです。

取引時の注意点

USD/CHF(米ドル/スイスフラン)には、価格が激変する事もあります。

社会情勢にアンテナを常に貼っておく必要があります。

値動きが起こりやすいのは、ロンドン市場がオープンしてからとなっています。

AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)

AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)は、オセアニア通貨同士のペアとなっています。

経済状況が類似している国としても知られています。

特徴

AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)は、資源国同士で隣国関係にあり、高金利通貨となっているなどの共通点が非常に多いです。

その為、この通貨ペアでの取引はあまり活発ではなく、レンジ相場が継続しやすいです。

取引時の注意点

AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)は、貿易先が中国である事から、中国経済の影響を受けやすい通貨ペアとなっています。

オーストラリア・ニュージーランド・中国の経済をしっかり確認しておきましょう。

Turbo(ターボ)取引の通貨ペア

Turbo(ターボ)取引の通貨ペア

Highlow.com(ハイローオーストラリア)では、短期取引である、Turbo(ターボ)取引が存在します。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のTurbo(ターボ)取引では、利用できる通貨ペアが7種類に限られているので、しっかり理解しておきましょう。

  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • NZD/JPY(ニュージーランド/日本円)
  • USD/JPY(米ドル/日本円)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のTurbo(ターボ)取引は、上記の7種類となっています。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のTurbo(ターボ)取引で取引を行いたい方は、デモトレードから利用する様にしましょう。

デモトレードとは、実際のチャートと同じ条件で、取引の練習を行える機能の事。
ですが実際の資金を使用する訳ではなく、架空の資金を使用します。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)のデモトレードを行いたい方は、下記のボタンから公式サイトへアクセスする事が出来ます。

ハイローオーストラリア 公式サイト

Highlow.com(ハイローオーストラリア)通貨ペアの選び方

Highlow.com(ハイローオーストラリア)通貨ペアの選び方

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引を行う際に、おすすめの通貨ペアの選び方を紹介して行きます。

  • 取引時間で選ぶ
  • 取引方法で選ぶ

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の通貨ペアの選び方を解説して行きます。

取引時間で選ぶ

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で通貨ペアを選び際、どの時間帯に取引を行うかが非常に重要になってきます。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引する時間帯を「日中」と「夕方~夜間」に分けておすすめの通貨を紹介して行きます。

日中に取引を行う場合

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で日中に取引を行う際は、東京市場に注目して取引を行う様にしてください。

基本的にクロス円の通貨が値動きを起こしやすいです。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で日中に取引を行う際は、この様な理由から以下の通貨ペアがおすすめです。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で日中に取引を行う際は、上記の4つの通貨ペアを利用する様にしてください。

また、東京市場がオープンしている時間帯は9:00~15:00となっております。

夕方~夜間に取引を行う場合

Highlow.com(ハイローオーストラリア)夕方~夜間に取引を行う際は、ロンドン市場・ニューヨーク市場に注目する様にしましょう。

夕方~夜間は、世界的に取引量が多いので、米ドルやヨーロッパ圏の通貨ペアであれば、比較的に取引を行いやすくなります。

  • ロンドン市場:EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
  • ニューヨーク市場:ドルが絡んだ通貨

ロンドン市場とニューヨーク市場のオープン時間・クローズ時間は以下の様になっています。

  • ロンドン市場:17:30~01:30
  • ニューヨーク市場:23:30~06:00

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で、夕方~夜間に取引を行う際は上記の事をしっかり覚えておきましょう。

取引方法で選ぶ

Highlow.com(ハイローオーストラリア)には、「Highlow取引」「Turbo取引」「Highlowスプレッド取引」「Turboスプレッド取引」の4つの取引方法が存在します。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で取引を行う際、この取引方法に応じて、通貨ペアを使い分けましょう。

Highlow取引の場合

Highlow取引の場合、ある程度取引確定まで時間に余裕があるので、High(上がる)かLow(下がるか)を予測するだけとなっています。

トレンド相場では、一定時間にわたって安定した値動きを起こしやすいので、予想しやすいといえます。

トレンドに沿って順張りを行う際、使用しやすい通貨ペアとしては以下のようになっています。

  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • USD/JPY(米ドル/日本円)

Highlow取引を行う際は、上記の通貨を利用しましょう。

AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)やCHF/JPY(スイスフラン/日本円)は、順張りに向いていないので、覚えておきましょう。

Turbo取引の場合

Turbo取引は、短期取引となっており、大きな変動が起こる相場に着目して取引を行います。

通貨ペアを選ぶ際も、急激な値動きが頻繁に発生するものを選ぶ必要があります。

  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)

他にもEUR/USD(ユーロ/米ドル)なども候補に挙げられます。

相場の様子を見ながら取引を行いやすい通貨ペアを利用して取引を行いましょう。

スプレッド取引の場合

スプレッド取引では、スプレッド枠を超える値動きが起こらないと勝てません。

なので出来るだけ短時間で大きな動きがある通貨ペアを利用しましょう。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)

逆に値動きがあまり起こらない、CHF/JPY(スイスフラン/日本円)やUSD/CHF(米ドル/スイスフラン)などは、スプレッド取引には向きません。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)初心者におすすめ通貨ペア

Highlow.com(ハイローオーストラリア)初心者におすすめ通貨ペア

Highlow.com(ハイローオーストラリア)初心者の方が、使用しやすいおすすめの通貨ペアを紹介して行きます。

また今勝てずに悩んでいる人にも、おすすめ出来る通貨ペアを紹介します。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)初心者の方は、しっかり理解しておきましょう。

USD/JPY(米ドル/日本円)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)初心者の方は、USD/JPY(米ドル/日本円)がおすすめです。

この通貨ペアは、政治や経済・金融などの情報が手に入りやすいので、相場の動向が読みやすくなっています。

また東京時間方ニューヨーク時間まで値動きがある為、日本人にとっても取引を行いやすい通貨ペアと言えます。

EUR/JPY(ユーロ/日本円)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の中でも、EUR/JPY(ユーロ/日本円)は取引を行いやすい通貨ペアです。

ユーロ経済圏は国家数が多いので、少し予想が難しくなりますが、人気の通貨という事もあり日本国内で情報が流通しています。

EUR/JPY(ユーロ/日本円)は、比較的に値動きが安定している事からリスクの低い取引が可能です。

EUR/USD(ユーロ/米ドル)

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の手法の基本である順張りを行う際は、EUR/USD(ユーロ/米ドル)がおすすめです。

EUR/USD(ユーロ/米ドル)は、トレンドが発生しやすく、継続もしやすい事もあり、安定して順張りを行う事が出来ます。

トレンドをしっかり見極める様になったら、EUR/USD(ユーロ/米ドル)で取引を行いましょう。

まとめ

今回の記事では、

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の通貨ペアの選び方・おすすめの通貨ペアについて解説してきました。

当記事で覚えておいて欲しい事は、以下の様になっています。

  • ハイローオーストラリアには、17種類の通貨ペアが存在します。
  • ハイローオーストラリア初心者は、USD/JPY(米ドル/日本円)がおすすめ

Highlow.com(ハイローオーストラリア)で様々な通貨で取引を行いたい方は、まずデモトレードを利用するようにしましょう。

海外バイナリーオプション業者人気NO.1の「ハイローオーストラリア」の公式サイトへは、下記のボタンからアクセスする事が出来ます。

ハイローオーストラリア 公式サイト

>

口座開設をして、
¥5,000のキャッシュバックを獲得しよう!