SNS運用代行の副業がマジで稼げるってよ【副業最新情報】

  • 2020年9月8日
  • 2020年9月11日
  • 副業
  • 14view
  • 0件

この記事は5分で読めます

SNS運用代行の副業について知りたい人「副業をしたくて、いろいろ調べてSNS運用代行っていう副業に行き着いたんだけど、本当に稼げるの?稼げる理由や根拠を教えて欲しい!」

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事でわかること

  • SNS運用代行の副業はマジで稼げる
  • SNS運用代行の副業が稼げる理由や根拠

ご存知のとおり、近年SNSの需要が急激に高まっており、その需要は個人に留まらず国や企業にまでに至っています。

その影響もあり、現在SNS運用代行という副業に需要が急激に高まっており、稼げる副業としての注目度も比例して高まり、SNS運用代行をサイドビジネスとして始めて稼いでいる方たちが急増しています。

そこで本記事では、SNS運用代行にご興味を持たれる皆様に、稼げる理由や根拠から始め方まで徹底解説していきます。

SNS運用代行とは?

SNS運用代行とは?

SNS運用代行とは、個人や企業のSNSを代理で運用する副業になっており、

近年では、SNSに力を入れている個人や企業も多くなっているため、クラウドソーシングなどでも多く募集されている副業となっています。

SNSへの投稿の代行はもちろん、SNSへのコメントへの返信やアクセスしているユーザー層の解析などの、SNS運用に関わる業務全般をサポートしていく副業になります。

SNSが企業にとっても重要なマーケティング手段になった今だからできる仕事だね!

SNS運用代行の基本的な業務内容

SNS運用代行で基本的に行う業務内容は、以下のようになっています。

それでは、順を追って見てきましょう。

SNSの投稿代行

ます始めに、メインの業務としてSNSの投稿代行ですね。

こちらは企業によってノルマが変わり、1日に5件以上の投稿がノルマになっているところもあれば、1日に1件のみの投稿の企業もあります。

投稿内容としましては、企業の宣伝などから商品の宣伝など様々になっていますが、企業のクライアントが指示してくれますので難しいことはありません。

コメントへの返信

SNSの投稿代行をしていると、投稿に質問などのコメントが来ることがありますので、その質問に返信することもSNS運用代行の大事な業務になっています。

企業によっては、コメントへ1日に5件以上の返信することをノルマに設定している企業もあります。

SNSへのコメントの返信と言っても、相手は大事なお客様だから丁寧な言葉遣いを心がけないとね!

ユーザー層の解析

SNS運用代行の、メイン業務は上記で紹介した「SNSの投稿代行」や「コメントへの返信」になっていますが、ユーザー層の解析も大切な業務になっています。

自分がSNS運用代行している企業アカウントを、どの「年齢層」「性別」「職種」の方達がよく訪れてるか解析し、

解析結果によって、投稿内容の指向を変えていく、ということですね。

副業でSNS運用代行を始めるメリット

副業でSNS運用代行を始めるメリット

以下が、副業でSNS運用代行を始めるメリットになっています。

  1. 未経験者からでも継続的に続けることが可能
  2. SNSに対しての認識が深まる
  3. SNS運用代行はマジで稼げる

それでは、順を追って見ていきましょう。

未経験者からでも継続的に続けることが可能

実はSNS運用代行という業種は、まだまだマイナーな部類の職種で人手があまり足りていません。

その影響もあり、未経験者でも比較的に簡単に始めやすく、ユーザー層の解析や新規コンテンツの提案などを積極的に行っていれば継続案件をもらうことも難しくありません。

需要に供給が追いついていないんだね!

SNSに対しての認識が深まる

次に、ご紹介するメリットは「SNSに対しての認識が深まる」こと。

なんとも不透明なメリットに見えますが、SNSに対しての認識が深まるということは、ユーザー層の解析を覚えることに留まらず、ユーザーが求めるコンテンツを察知して提供する能力や必要なことを短文で的確に伝える能力などが身につくということです。

上記の能力は、様々な職種で活かすことのできる能力ですので、本職のスキルアップなども視野に入れることが可能になっています。

SNS運用代行はマジで稼げる

最後に1番大事なメリット、断言します、SNS運用代行はマジで稼げます。

上記でも記述していますが、現在SNS運用代行は需要があるのに、人口が少なく供給が間に合っていません。

言い換えれば、仕事が溢れているという状況、未経験者でも仕事が容易に見つかり、実績のある経験者となれば仕事にあぶれることはまずないため、継続案件によって報酬はガンガン増えていきます

SNS運用代行の平均月収

SNS運用代行の平均月収

SNS運用代行の平均月収としましては、最初は一つのアカウントにつき5000円程になりますが、継続的に続けていくことで実績を買われ継続案件を安定して取れれば報酬は2倍の10000円にもなります。

また長期契約などの場合は、半年で100,000円以上の報酬が貰えることもあります。

時給換算にすると、1日に5件の投稿、5件の返信で計算しても軽く2000円を超えてしまいます。

SNS運用代行で稼げるようになるには

SNS運用代行で稼げるようになるには

ここまで、SNS運用代行の基本的な業務内容や始めるメリットを紹介してきましたが、

ここからは、SNS運用代行で稼げるようになるには「どのように動いていけばいいのか」について、詳しく解説していきますね。

継続案件を貰える動きを意識する

SNS運用代行で稼げるようになるには、前提条件として「継続案件を貰える動きを意識する」ことが必須になります。

理由としましては、SNS運用代行で単価を高めるには、継続案件を貰えないと話になりませんからね。

では、どうすれば継続案件は貰えるのか、以下のことを意識する必要があります。

順を追って見てきましょう。

SNSやSNSを利用するユーザーについて理解を深める

継続案件を貰うためには、まずSNSやSNSを利用するユーザーについて理解を深める必要があります。

理由は、SNSやSNSを利用するユーザーについて理解していないと良い動きができないためですね。

まずは、ユーザー層の解析などを駆使して、SNSやSNSを利用するユーザーについて理解していきましょう。

企業に好感触な印象を持たせる動きをする

継続案件を貰うために、次に必要なことは、企業に好感触な印象を持たせる動きをすること。

というのも、継続案件というものは企業から直々に申請されるものであり、企業に好感触な印象を持たせないことには継続案件を貰うことはできません。

企業に好感触な印象を持たせるためにも、ユーザー層の解析や新規コンテンツの提案などを積極的に行っていきましょう。

まとめ

今回は、SNS運用代行の基本的な情報から稼げるようになるまでをご紹介していきました。

以下が、本記事のおさらいです。

  • SNS運用代行は人口が少ない今が始めどき
  • SNS運用代行の副業はマジで稼げる

最後まで読んでいただきありがとうございました。