【正社員も目指せる!】主婦の再就職は凄く簡単です!【就職先を見つける3つのコツ】

  • 2020年11月13日
  • 副業
  • 1view
  • 0件
主婦
主婦
出産の影響で仕事していなかったんでけど、そろそろ再就職したいな!

主婦の人が再就職する際に、「仕事してない時間が長い」「資格なんて持ってないし」などの理由で再就職を諦めてしまう場合が多いです。

ですがその様な理由で諦めるのは、勿体ないです。

主婦の再就職は、皆さんが考えているほど難しい事ではないので解説して行きます。

今回の記事の内容

  • 主婦の再就職が簡単な理由
  • 主婦が再就職先を見つける時のコツ
  • 主婦が再就職する際の注意点

この3点を中心に解説していきます。

主婦の再就職が簡単な理由

主婦の再就職が簡単な理由

始めに言っておきますが、現在主婦の再就職はとても簡単になっています。

冒頭でも行った様に、主婦の再就職は皆さんが考えているより難しくないので安心してください。

主婦の再就職が簡単な理由は、下記の様になっています。

クリックすると詳細までスキップする事ができます。

求人の数が増えている

主婦特化求人サイト「しゅふJOBパート」の集計では、主婦向けの求人が年々増加していると言う事がわかります。

求人の数が増えている

画像出典:しゅふJOBパート

見てもらったらわかる様に、様々な企業が主婦の採用を行っています。

企業側も主婦である状況を理解して採用してもらえます。

この様に企業も主婦特有の不安要素を理解してくれているので、再就職する際も安心して挑戦しましょう。

ブランクなど関係なく、短時間勤務も全然OK

仕事を行っていない時期が長くブランクがあると考えていると思いますが、そこの点も安心してください。

ブランクなど関係ない

画像出典:しゅふJOBパート

この様に主婦の中でも30・40代の再就職が多いです。

また働く時間・日数もそれぞれ自身にあった働き方を選択できます。

主婦の再就職先を見つける時のコツ

主婦の再就職先を見つける時のコツ

主婦か再就職先を見つける時のコツは3つ存在します。

クリックすると詳細までスキップする事ができます。

自身にあった再就職先を考える

再就職先を見つける時は、まずしっかり自己分析を行いましょう。

自己分析を行わないと、「自身の希望する働き方」「自身の希望する収入」「家庭の事情」などを理解する事ができないので、まず自己分析を行う事が重要です。

主婦の方は、働き方の条件が多くなるのでしっかり自己分析を行いましょう。

キャリアを生かせる再就職先を考える

再就職する際に、今まで働いていたキャリアを活かせる職種を選択しましょう。

未経験の職種を選択するより、今まで経験した事がある職種を選んだ方が働きやすいと思います。

また逆に、未経験ですが主婦の経験を活かした職種も働きやすいと思います。

主婦の経験を活かした職種

  • 保育関係
  • 調理関係
  • 介護関係など

この様な職種を選択する事で、主婦の経験を活かすことができると思います。

主婦が好条件の再就職するために再就職支援を利用

主婦が好条件の再就職するために再就職支援を利用

再就職する際に、なるべく好条件で仕事を行いたいと誰しも考えると思います。

そこである2つサービスを使用する事をおすすめします。

クリックすると詳細までスキップする事ができます。

大学生による再就職講座

複数の大学で「主婦向け再就職講座」が行われています。

「主婦向け再就職講座」で学べる事
ビジネス現場で必須とされる「ITスキル」「英語」また「履歴書の書き方」など再就職に必要な事を学ぶ事ができます

30代~50代の再就職を行う主婦は、ITスキルなどが必須となり基本的にこの「主婦向け再就職講座」を受ける事でエクセルの使い方などを身につける事ができます。

おすすめの「主婦向け再就職講座」は下記の様になっています。

ハローワークなどの再就職支援

前章で紹介した「主婦向け再就職講座」はなんだか敷居が高く行きにくいと言う人も多くいらっしゃると思います。

そこで利用するのがハローワークです。

ハローワークとは、正式には公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っています。国によって運営される点で民間の職業紹介事業者とは区別されます。

参照:マイナビジョブ20’s

ハローワークでは相談無料、託児付きで地域の求人紹介に直結している場合が多く、主婦の再就職先探しに適しています。

いきなり求人を紹介してくれるわけではなく、プロのキャリアカウンセラーに相談する事ができるので、再就職について考える第一歩として餡を運んで見る事をおすすめします。

主婦が再就職する際の注意点

主婦が再就職する際の注意点

主婦が再就職する際に注意すべき点が存在します。

クリックすると詳細までスキップする事ができます。

家族の理解を得る

主婦で再就職する場合は、必ず家族の理解を得ておく様にしましょう。

働きながら家事や育児を行う事はとても苦しく、さらにお子さんが小さい場合は保育園からの急な呼び出しなどもあり家族の協力がとても重要です。

なので予め家族で話し合いを行い、家族で支え合う様にしましょう。

面接時などによく聞かれる主婦専用の回答を用意する

主婦が再就職する場合、面線をする必要があります。

そこで主婦が多く質問してくる事の回答を予め考えていましょう。

主婦専門の回答

  • 残業は行えるか?
  • 再就職の動機
  • お子さんが熱出した時などどうするか?
  • これまでの経歴

上記の様に、主婦が質問されやすい事があるのでしっかりその答えを考えておきましょう。

扶養範囲内で収まる年収の上限を理解しておく

主婦が再就職する場合、扶養の範囲内で働きたいと言う方も多いと思います。

扶養には103万円・106万円・130万円・150万円とそれぞれのラインが存在するので、しっかり解説して行きます。

税制上の扶養
社会保険上の扶養
103万円
所得税が発生する
106万円
社会保険に加入する必要がある
130万円
パートナーの扶養から外れる
150万円
配偶者特別控除額の上限

これだけでは、よく理解できないと思うのでどの様に仕組みになっているか1項目づつ解説して行きます。

クリックすると詳細までスキップする事ができます。

103万円のライン

年収が103万円を超えると「所得税」が課せられます。

所得税とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間のすべての所得から所得控除によって差し引いた金額に、一定の税率を適用して算出される税金のことです。所得のある方は、必ず納めることになる税金です。

参照:Credictionary

年収が103万円以下の場合は、税金を支払う必要がないです。

106万円・130万円のライン

年収が106万円・130万円以上の場合は、社会保険への加入が必要です。

年収が106万円のラインを超えた場合、働いている先の従業員の人数や勤務日数などの諸々の条件を満たした場合、扶養を外れ勤務先の社会保険に加入する義務があります。

150万円のライン

年収が150万円以上の場合は、扶養者であるパートナーが「所得税の配偶者特別控除」の満額38万円を受けるための上限年収額です。

扶養に入っている人の年収が150万円を超え続けると、控除額の38万円をピークに徐々に下がり続けます。

年収に応じて減額されていくので、急に額が増えるわけではないので安心してください。

まとめ

今回の記事で覚えておいて欲しい事は、下記の様になっています。

今回の記事で覚えておいて欲しい事

  • 主婦の方が働きやすい様に企業も工夫してくれているため再就職が行いやすい
  • 主婦が再就職する場合は、家族の理解を得る必要がある
  • 扶養の範囲内に納めるために、103万円を超えない様にする必要がある

今回は当サイトに記事を読んでいただきありがとうございます。

副業についてもっと知りたいという方は、下記のボタンから当サイトのトップページをご覧ください。

トップページはこちら