動画編集を副業にしてお金を稼ぐ方法

  • 2020年12月8日
  • 2021年4月10日
  • 副業
  • 8view
  • 0件

今の時代SNSやYouTubeなど日々の中で『動画』を見ない日ってありませんよね?

そのような動画を編集するアルバイトや職業が今増えています!

ですが、実際どんな仕事内容なのかは詳しく分からない方が多いかと思います。

そこで今回は「動画編集でお金を稼ぐ方法」を徹底解説していきます。

動画編集ってどんな仕事?

動画編集の大まかな仕事の流れは以下のようになります。

  1. クライアントから動画データをもらう
  2. カット作業を行う
  3. カラー調整、テロップ入れ
  4. BGM、効果音(SE)を入れる
  5. 編集された動画を書き出し、納品する
  6. 修正の必要があれば再度編集する

ですが、テロップ1つ入れるにせよ、タイミング/色/場所/大きさ/表示時間、これらの加減が少しでも変われば視聴者に与える影響も変わってきます。

そのため、わずか数分の動画でも数時間かかるなど
地道な作業になるでしょう。

動画編集に向いている人は?

動画編集

普段から動画を見ている人

普段から「YouTube」「TikTok」などのSNSで動画を目にしている方は比較的向いていると言えるでしょう。

見ているうちに自然とアイディアが溜まっているため動画編集をしているうちに
クライアントからの要望にも応えやすくなります。

地道に作業ができる人

先ほども言ったように、数分の動画でも編集によっては数時間かかってしまうことがあります。

そのため、「気が付けばもうこんな時間」と経験する事もあるでしょう。

視聴者の気持ちを察する能力のある人

動画に出演している人は何を伝えたいのか。
動画の視聴者はどんな気持ちで見ているのか。

このような演出者と視聴者の気持ちを察知する能力が必要になってきます。

副業を始めたい人

最近では大手企業も許可するくらい副業が増えてきました。

その副業の一つが『動画編集』です。

動画編集は今の時代とても需要の高い職業になります。

そのため、副業を始めたい方はオススメします!

動画編集をするにあたってのメリット

メリット

動画の需要が増えている

最近ではYouTubeを中心に動画の需要が増えています。

需要が増えれば動画編集の仕事も増えます。

視聴者の反応が目に見えて分かる

ネットの動画は、視聴者の反応が視聴回数、再生時間、評価やコメントで分かります。

効果音、BGM、テロップの出し方など様々です。

編集の仕方1つで視聴者に与える影響が変わります、そのためやりがいのある仕事と言えます。

スキルが身につく

動画編集をやっていくうちにスキルが身につくのはもちろん

将来、クリエイターとして働きたい人は就活などでアピールできるでしょう。

動画編集をするにあたってのデメリット

デメリット

自分の個性を出す場ではない

動画編集の仕事はあくまで動画出演者の要望を聞き、そこでアレンジを付け加えて動画を作成します。

ですが、自分の思い通りの動画が作成できるわけではありません。

あくまで依頼されたクライアントが納得のいくクオリティでなければなりません。

「自分の表現がしたい」「自分の作品を作りたい」
そのような欲求が強すぎる場合は不向きかもしれません。

マニュアルや正解がない

動画編集にはマニュアルや正解がありません。

そのため、クライアントから修正案を出されることは当たり前と思っておきましょう。

答えがないのが面白いところでもあり大変なところでもあります。

コミュニケーションが必要

動画編集の仕事はクライアントとのコミュニケーションが必要です。

クライアントとどうしても生活リズムが合わず
やり取りが面倒だと感じることもあるでしょう。

そのため、最初から要件や質問事項をまとめておくのがいいでしょう。

動画編集の仕事を取るコツ

動画編集

全部でポイントは3つあります。

  • SNSを伸ばす
  • 最初は無料で仕事を受ける
  • 得意分野の動画編集をする

SNSを伸ばす

営業をするのもSNSで行う時代になってきました。

仕事を丁寧に行えば、その分評判も良くなるでしょう!

SNSでの評価が次の案件に繋がっていきます。

最初は無料で仕事を受ける

最初は実績を作ることが大切です。

大きな案件に応募する際に実績が必須になる場合もあります。

最初は経験値を集めるためにも割り切って仕事をすることがいいでしょう。

得意分野の動画編集をする

案件を取る際は、自分の得意分野を挑戦するのがおすすめです。

得意な分野の動画編集をすることで必要な知識も絞ることが出来ます。
効率のいい働き方をするのならば、分野は絞りましょう。

同じジャンルの動画編集でアピールもできるため一石二鳥でしょう。

まとめ

動画編集

いかがでしたでしょうか?

ここまで紹介した動画編集について、自分に少しでもあっていると感じたなら
ぜひ挑戦することをおすすめします!

副業についてもっと知りたいという方は、下記のボタンから当サイトのトップページをご覧ください。

トップページはこちら

>

口座開設をして、
¥5,000のキャッシュバックを獲得しよう!